ゲンジボタル      ゲンちゃんです

梅雨に入って雨の一日。こんな日は葉陰で休むゲンジボタルが見つけやすいのではと考え谷戸へ。山崎口入口近く、二つの水路が合流するあたりで水路に降りてみた。観察会でわりとよく見られる場所の一つだ。いた!雨を避けるように葉の裏でじっとしている。谷戸の紙芝居「ゲンジボタルのゲンちゃん」に出会えたと思った。夜の観察会には何回も来ているが光ってないゲンちゃんは初めて。足が揃っていないのは発生から1週間経ってそろそろ寿命なのかもしれない。雨が止んだらもう一回光り飛ぶ姿を見せて欲しいとお願いして水路を後にした。(たのくろまめお)