オジロアシナガゾウムシ    ゾウムシ初登場!

ゾウの鼻のように長い口吻(こうふん)を持っているので“象虫”という。この口は植物を食べるだけでなく植物組織に穿孔して産卵するのに役立つ。谷戸には多くのゾウムシの仲間がいるが、あまり見かけないのは、“小さすぎて見えない!”や樹上性の種が多いため。(日本全体では1,000種以上が知られている)また少しでも危険を察すると落下して死んだふりをする演技派だ。本種はさらにその模様が鳥の糞に擬態しているといわれるほどの念の入れよう。じっとしていることが多く、食草のクズの茎をつかんでいる姿はコアラ?のようだが、必要があれば飛ぶこともできるところはさすが甲虫の仲間。(たのくろまめお)