昆虫病原糸状菌(キイロスズメバチ)  手ぶらのサンタにはわけが

生きているときに菌に感染し死んだキイロスズメバチ。菌といえばキノコやカビが一般的だが、昆虫に寄生し恐ろしいスズメバチを優しいサンタクロースの姿にしてしまう菌がいる。ハチだけでなくバッタ、カミキリ、クワガタなど多くの昆虫に寄生する。写真を撮った場所は谷戸の一番奥、杉林の下で日当たりが悪く高湿度の所。その中にあって風通しのよい葉の上で絶命していたのは、子孫繁栄を願って胞子が飛散しやすいようにするための糸状菌の戦略だろう。(たのくろまめお)