鎌倉中央公園マップ

鎌倉中央公園マップ

私たちの活動エリアは公園内の東側で、昔から東谷(ひがしやと)と小段谷戸(こだんやと)と呼ばれています。公園内の西側にあるふたつ池や管理棟のあるエリアは池の谷戸(いけのやと)と呼ばれています。
また、東谷の北東側の尾根を越えた倉久保の谷戸は、田畑の耕作をやめて40年ほど経過しており、手入れされた里山とはまた違った雰囲気が漂っています。
いろいろな谷戸を比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

マップをクリックすると各場所の説明が見られます(外部サイトへ)