キタキチョウ   最近改名しました

「キチョウ」は「黄蝶」で残念ながら「貴重」ではない。山崎の谷戸で普通に見られる黄色いチョウで翅の外側に黒い縁どりがある。モンキチョウより一回り小さく、より黄色い。特にオスはメスと比べて濃い黄色だ。年に何回か発生し、晩秋に羽化したものが成虫で越冬する。そのため春早くから姿を見せ、吸蜜のためにいろいろな花にやってくるが(写真はヤマハッカ)産卵はハギ類などのマメ科植物。以前は単にキチョウと呼ばれていたが最近のDNA解析の結果2種類いることが分かり、九州以北のはすべてキタキチョウとなった。(たのくろまめお)