ウスバフユシャク(オス)  メスには羽が無い蛾

フユシャクは“冬尺”と書き、幼虫はいわゆる“尺取虫”。珍しい蛾ではないが、その生態は興味深い。まず冬に成虫になる。そしてメスには羽が無い。(オスは羽があって普通の蛾。)冬の夜メスがフェロモンでオスを呼ぶ(コーリング)ことによって繁殖する。羽で飛ぶことを止めすべてのエネルギーを卵(産卵)に向けるためと考えられる。もう一つオスにもメスにも口がない。水分を吸収したら凍ってしまうからだ。凍らない体液だけで生き、子孫を残したら死ぬ。なんとも潔い。メスを探しに夜の谷戸に何度か行ってみた。オスは“ししいし”から東谷戸の奥まで飛んでいたがメスは見つけられなかった。フェロモンを頼りに探そうと思ったがやはり人間のオスには無理。夜徘徊する老人で終わってしまった。(たのくろまめお)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA