アジアイトトンボ   意外なものを食べています

大きさは3㎝以下で県内では最小のトンボ。自宅の庭や谷戸の草むらなどで見かけることが多い。非常によく似たアオモンイトトンボより小型で華奢だが、遠目では識別困難。写真では口に何か獲物をくわえているようだが“小さすぎて分からない!”そこであれをかけて見るとトリノフンダマシというクモの幼体であることが分かった。“すごいぜハ〇キルーペ!”日本全国はもとよりアジア地域に広く生息するためIschnura asiaticaという学名がついている。(たのくろまめお)